スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低タンパクパスタ(aproten)の調理

普段の食事に、パスタが登場することが多めとなっていますが、本来は、モチロン普通のパスタの方が好きです。が、その高タンパク食品ぶり(!)から、病気発覚後は、自宅では普通のパスタを使用することは殆んどありませんそこで利用するのが、低タンパクなパスタです。ウチでは扱いやすさからaprotenを使うことが多いです。

aprotenも、低タンパク食品の例にもれず、茹であがった時の独特のニオイが気になりがちなため、当初は使用を躊躇していたのですが、何度か使っているうちに、これなら許せるというコツをつかめた気がします。

①茹で時間は標準時分どおりにする。⇒たっぷりのお湯に入れ、パスタの全量がお湯の中につかるようになってから、袋に記載されている時分だけゆでます。少し長めとなっても大丈夫というか、普通のパスタとは全く別物なので、アルデンテ状態を目指すと硬過ぎてよろしくなくなります。

②ソースは気持ち多めに作る。⇒オイルベースのソースの場合(ペペロンチーノなど)は、ニンニク・トウガラシを炒めたところへ好みのハーブ(オレガノ、バジル、ローズマリーなど合わせる具材によります)と50~70cc程度の水を加えた後、乳化させるように少し煮詰め、最後に塩・コショウで味を整えておきます。
例えば、ベーコンを加える場合は、ハーブ類を加える前にニンニク・トウガラシと炒め合わせ、その後ハーブ、水の 順番で加えて乳化させます。この場合は、ベーコンからいい味が出ますので、塩もコショウも必要ないこもしれません(あくまでもお好みで)

③aprotenが茹であがったら、湯切りしたあと軽く水洗いします。ニオイを抑えるには、この行程が必要でした。その後、作っておいたソースとあえ、必要であればイタリアンパセリなどをトッピングしていただきます。少し冷めたパスタを加えることになるので、ソースは必ず温めておきます。パスタを茹でるのとソースを作るのを同時進行でやろうとすると、パスタだけ先に茹であがってしまう場合があるので、慣れるまではソースを先に作っておいた方がいいかもしれません。

少しは参考になるのでしょうか・・・?

但し、以上の方法だと、熱いソースの時は大体OKですが、冷たいソースのパスタ(生トマトの冷製)はキツイかと思います。夏に向けての課題ですね・・

続きを読む

スポンサーサイト

海外の低タンパク食品

低タンパクな食品を購入するために、普段国内の取扱店より取り寄せをしておりますが、
元来が新し物好きなためか、海外の低タンパク食品にも興味があります。
例えばアメリカのメーカーの場合、送料を考えなければ、本国からインターネットにて購入することも可能です。
(便利な世の中ですね。しみじみ)メーカーによっては、アジアに取扱代理店を持っている場合もあるので、実際の
購入はそちらからする方が安いのです。以前の記事で紹介したEgg-Replacerを扱っているメーカー(Enter-G)は、香港に代理店があるため、本国(アメリカ)より直接購入するよりも、送料が5000円以上安くなりました。

そんな比較的購入をしやすいメーカーばかりでは勿論なく、ハードルの高いところもあります。その内の一つが、
Cambrooke Foodsです。
特にパンの種類が豊富なため、サンドイッチなどに活躍できそうなものが多いのですが、送料は別途問い合わせ(とても高そう)、海外のクレジットカードは受け入れないとのこと・・・。通販代行会社に依頼を出してみたのですが、なんと国外への発送不能とのことで、購入できませんでした手に入らないと思うと、余計に欲しくなってしまうのです・・・
どなたか、食べたことがある!という方はいらっしゃらないでしょうか・・・?

プロフィール

kuroshirobuchi

Author:kuroshirobuchi
2008年8月に慢性腎不全と診断されました。なってしまった事は残念ですが、人生は色々だと思いつつ、前向きに進んでいきたいと思います(希望)。

お役立ち・ランキング

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。